QLOOKアクセス解析
no1.gif 0490.jpg
blog5r.gif blog5a.gif blog5ab.gif blog5b.gif blog5v.gif blog5t.gif blog5c.gif
  • 201706
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 201708
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
----------
s03_6.gif
スポンサー広告|Trackbacks(-)|Voice(-)
実に3週間ぶりのレビューです。先週は、録画時間ミスしたし
その前は、時間がなくて・・・。
さてと、今週はちょっと異色な感じがした。

□第十話「曽根アンナの濡れた休日」
毎回、重いストーリーで進めて来ましたが、今回はかなり
見やすい話でした。
哲郎は映画監督志望の全くもってダメな男だが、
なぜか周りに女子大生や妻など女の人が集まる。
その中にも骨女も。どうしようもないやつだが
何故か気に掛かる男っていうことでしょうな。

時には、女から300万を借りて映画の撮影費に使って!と
言われるが、台本やら上映館巡りに嫌気が刺し競馬で
300万を使ってしまうダメ男。
女子大生に嫌われ、もといた妻や骨女の場所に戻る
映画監督志望w。

突然、旅行に行こうといいだす・・・。
レンタカーを借り、北海道に繰り出し。
SAの駐車場で隣の車にぶつかって逃げて・・・
またもや、違うSAで人にコーヒーをかけて・・・。

って、なんか運が悪いというよりもう呆れるな(笑
今回は、この車の犯人が地獄送りにする。
まぁ、車をぶつけられてコーヒーかけられただけなんだけど。
それだけで送られるか不思議だった。

だから、地獄送りのシーンは哲朗のしたい映画を撮ることが
メインでしたね。
なんか、意外な地獄送り。
今までで一番まともかも。

06-12-10-01

こんなロゴもあったし(笑)

今回はお嬢はあまり活躍無し。
たまには骨女も骨休みさせておきましょうという洒落で
赤くなるあいたんぐらいが見せ場だったのかな?
06-12-10-02

<< ハイゴッグまだ途中
8
十六夜@200612110335@URL[編集]
コメントどもでした^^
まさかあいちゃんが頬を赤らめる姿を拝む事ができるとは夢のようです、もうこれだけでご飯3杯いけますよw
ではでは~♪
8
kstar@200612112215@URL[編集]
コメントありがとうございます。
あいちゃんが頬を赤らめることなんて今までなかったですからね。
ああいう、表情もできるあいちゃんは可愛すぎですw。
また、そちらの方にもちょくちょく訪問しますー。
トラックバックURLはこちら
http://kstar.blog20.fc2.com/tb.php/358-b2109c1b
>> 母性本能を擽る駄目男。天性のジゴロってのはヘタレなんでしょう。ギャルゲの主人公のように無色透明な性格じゃなくして無職無芸の人間が人畜無害であれば平和でいいのですが実際は色男と同じでそこここに存在している
200612102356|Anime in my life 1号店
>> . . . . . . . 地獄少女二籠の第10話「曽根アンナの濡れた休日」の
200612110010|Le mouvement premier
>> お待たせしました、数週間振りの地獄コントは千葉繁さんをお迎えして爆笑必死の超拡大版でお贈りいたします!これはもう面白すぎ!! てか地獄少女じゃね~w ま、いっかww 地獄少女 二籠 箱ノ一金巻兼一、岡真
200612110116|ラピスラズリに願いを
>>  今回のターゲットは、骨女が親しくなった男だった。 まともな取り柄もなく、 そのあまりの情けなさに母性を刺激された女たちに 迷惑を掛け、女たちの間を渡り歩いて生きている男。 そんな彼に、絶対者の断罪の刃が迫りつつあった――。
200612110155|月の静寂、星の歌
>> 『曽根アンナの濡れた休日』「骨女は?」 「どっか行っちまったぃ」 「連れ戻そうか?」 「たまには骨休めも必要よ・・・」「思い出した! 笑うところかどうか、悩んだんだった」 私は閻魔あい・・・笑うところ
200612110801|ACGギリギリ雑記
>> 姉さん、事件です!あいちゃんが、あいちゃんが…
200612111346|ライトニングソルジャー
>> 地獄少女 二籠 箱ノ一「ウソだろう!?」信じられないといった表情の骨女。しかし、目の前にいる男・鉄郎は間違いなく地獄に送られるべき人間だったのです。「知っているのか?」輪入道の問いに、骨女静かに語りは始めます。鉄郎との初めての出会いからのことを・・・。
200612111509|ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
>> 何処かへブラリと消えた骨女を連れ戻そうか?という一目蓮に、『ううん、たまには骨休めも必要よ』とあいさん冒頭からイキナリのファイナルブロー!ちょっぴりウッカリ言ってみた過去の駄洒落が思わぬところで、掘り返され赤面するあいさんがみらくるきゅーと!子....
200612112203|月の砂漠のあしあと
>> たまには骨休みも必要よ――と、あいが言ったとおり骨女の骨休みな休日?千葉繁演じる無責任な映画監督との日々。もう千葉さんが出るのを前提で作ったとしか思えない(笑)
200612120025|SERA@らくblog
>> 脚本:広真紀 絵コンテ・演出:わたなべひろし 作画監督:菊池洋子 総作画監督:岡真里子広真紀さん脚本キタコレ。この方は2話の脚本、お仕置き「能」を書いた人であり、また、1期の地獄少年話の脚本も書いております。ゆえに今回の話とお仕置きには非常に楽しみにしてお
200612130642|AGAS~アーガス~
>> 「曽根アンナの濡れた休日」 豊田八六
200612131937|本を読みながら日記をつけるBlog
>> 品質評価 11 / 萌え評価 19 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 18 / シリアス評価 47 / お色気評価 6 / 総合評価 17レビュー数 61 件 骨女が出会った男・哲郎は映画監督志望の全くもってダメな男だ。しかしなぜか骨女は男の事が気にかかる。それは他の女たちも同じだ。彼に振り回さ
200710160319|ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
no1.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
g