QLOOKアクセス解析
no1.gif 0490.jpg
blog5r.gif blog5a.gif blog5ab.gif blog5b.gif blog5v.gif blog5t.gif blog5c.gif
  • 201708
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 201710
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
----------
s03_6.gif
スポンサー広告|Trackbacks(-)|Voice(-)
今週はシャナちゃんと録画されてました^^;
ストリーミングだと、左上に灼眼のシャナとロゴ出て見にくいんだよねぇ。あと、画面も小さいし。録画時間ずれて無くてよかった。BLOOD+のOPも好きなんですけど、シャナのOPも良いですな。何がいいって?それは、OP最後に出てくるシャナの生足がw。いえいえ、OPの歌もいいですよ^^;
以下、一話のあらすじと2話感想。


いきなりシャナに物扱いされた悠二。(漢字がなかなか出ないぞw)
それもそのはず、悠二は既に紅世の徒に存在を食われてトーチとしての残りかすでしかなかった。つまり、もう死んでいるということ。理解できない悠二。シャナに残りカスとか言われてますよ><;
その後も、悠二はシャナに質問をしますが・・・「最後にトーチであるおまえが消えるって事」って言った後で、シャナが「説明終わり!」と切り上げます。
あぅ、このセリフいい~。可愛いw。
それでも納得の行かない悠二はシャナに付きまといます。
いやぁ、まぁふつうの人なら呆然とするか付きまといますわな。
付きまとっている時に、灼眼のシャナの難しい用語の説明をしてます。封絶とか。トーチになったモノも見える灯火が消えると存在が消えると教えられます。死んだのではなくて、存在そのものが消える。その人に関わった人全てがトーチに対しての記憶がなくなる。最初からいなかったことになると。

何とか、理解できた悠二。
まだ、ストーカーしますw。
途中で、メロンパンを買うシャナ。
ダメだ、食べる所が可愛すぎるww。
「はむ」って!!
メロンパン食べながらシャナに念を押す悠二。
いつかは存在が消えるとシャナがいう。
悠二はメロンパン食べながらいう少女の言葉が信じられません。メロンパン食べながらだと確かに説得力ないよな。と納得してしまったw。笑いましたがw。
その後で、恒例の「うるさい、うるさい、うるさい!」ですよ。毎回このセリフ出てくるのかなぁ。今回なんて二回出てきたし。フレイムヘイズという単語がやっとここで出てきます。
そんで、Bパート。少し簡単に。というか辛くなってきたw
シャナに助けられた時に、クラスメイトの平井ゆかりも存在を食われてトーチになっていた。平井ゆかりのトーチは今にも消えそうな灯火で。何とか、平井さんの存在をメガネマン池やクラスのみんなにアピールしようといろいろ努力します・・・。
プリクラまで取るしw。しかし、努力も空しく平井さんは灯火が燃え尽きて存在が消えてしまいます。以上、感想終わり。
あれれ?なんか小説と少し変わってきました。
シャナが入れ替わってないし。次回予告には違うフレイムヘイズも出てくるし、話が読めなくなってきたw。どんな展開になるんだろうー。楽しみです。絵も綺麗だしー。
今回は戦闘シーンなくて少し残念ですが、来週こそは話が進みそうなので見逃せないな。
次回こそ、吉田さんと登場させて下さい!セリフを与えてあげてーw

今回の放送で気になった点。
トーチとして消え欠けた平井ゆかりが何を言っていたか?
特に、メガネマンこと池がゲーセンでゲームし出した後に
後ろから何を言っていたのか気になる。唇の動きからセリフが読めないよー。「ありがとう?さよなら?」
うーむ、わかんないです。誰か分かりますか?
あと、スカート短いですね・・。やばw。
<<
トラックバックURLはこちら
http://kstar.blog20.fc2.com/tb.php/47-506cbaf7
>> 灼眼のシャナ高橋 弥七郎 メディアワークス 2002-11売り上げランキング : 1,911おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools『灯る炎』脚本:小林靖子 / 絵コンテ:渡部高志 / 演出:杉原由紀 / 作画監督:栗井重紀あんましストーリーの進展は無かったけど、色々と...
200510162222|ライブ窓ぁ。
>> 今日、店になかったので『ザ・スニーカー』の10月号を注文してきました。けど8月の終わりに発売したヤツだから今注文しても入るかわからないらし。ザンネンだけど、まぁ買えなかったとしたらweb kadokawaのバックナンバー販売で買うことにします。やっぱりあのヒ....
200510171935|桃がコニカと鳴く日
>> 今日プレクスターから新製品情報のメールが来たのですが、私のPCにはDVDを焼くドライブは未搭載だったりする次第です。(PX-760A・PX-760SAも良いのですが、パイオニアのDVR-A10&マクセルの組み合わせが捨て難い…。)■『灼ナ』第2話は「灯る炎」というタイトルでした。1話
200510172112|菅野重工業
>> 第2話 「灯る炎」 消えゆくトーチの運命。自らもトーチであったことを知った少年は、それでも・・・例え消えゆき存在でも、自分の名はあると叫ぶ。悠二の運命が変った日。世界が外れた日・・・炎の髪と瞳の少女から、悠二は自らが既に『存在』を無くしたもの『トーチ』で
200510180243|+ SERAらく日記 +
>> さて、第2話ですシャナのうるさいの連発が定番化して来た感じですね♪(*^ ・^)ノ⌒☆さて、第1話にして、本体の自分は死んでいると分かった主人公、坂井悠二(^_^;)なんて設定なんでしょう(^o^;)非常に悲しい身の上です(-_-#)今の悠二君はただのトーチで有りいつかは消えて
200510182257|総合交流の場♪
>> 灼眼のシャナ自分が死んでしまったことを知った悠二。しかも、今回の件で死んだのではなく、過去に”紅世の徒(ぐぜのトモガラ)”に存在を食われてしまっていたことを告げるシャナ。続きは以下***********
200510182356|オヤジもハマる☆現代アニメ
>> 品質評価 20 / 萌え評価 59 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 22 / お色気評価 5 / 総合評価 19レビュー数 59 件 &nbsp;坂井悠二は死んでいた。今の彼は、“紅世の徒”に存在を食われた後の残りかす。残りわずかな時間で、誰にも気付かれず消え去っていく灯火。
200709241833|ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
no1.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
g